水のトラブルに備える、排水管の水漏れとパイプの構造

様々な家の中での水のトラブルの中でも、排水管の水漏れの場合、原因がすぐには判らないことがあります。どの部分で何が原因で水漏れが起こっているのかを特定し、速やかに対処する必要があります。そのため、予め簡単な排水管の構造や、接続部の仕組みなどを知っておくことで、スピーディな対処や予防に繋がります。

■水漏れの原因となるパイプの構造

排水パイプを通った水は下水道へと流れる構造になっていますが、その途中に封水という部分があります。これにより、汚水が逆流するのを防いだり、臭いが上がってくることを防止しています。また、ネズミなど害虫などの侵入も防ぐ役割も担っています。ただ、この湾曲している部分に汚れや遺物がたまりやすく、水漏れの原因になることがあります。





■排水管の汚れを落とすパイプ清掃

排水パイプの清掃は自宅でも簡単にすることができます。ドラックストアやスーパーなどでも売っている専用のパイプクリーナーを購入し、パイプに直接流し込みます。取扱い説明書の記載してある通りに使用すると詰まりが溶けていくはずなので、水を大量にゆっくり流します。直接触れないようゴム手袋を事前に用意しておくことをお勧めします。





■まとめ
パイプの詰りは日常の清掃で簡単に予防できますが、一度詰まってしまったり、破損してしまうと大きな影響を及ぼします。長く放置してしまった汚れや、詰りは業者にお願いするのが賢明です。いざというときに相談できる業者を見つけ、連絡先をすぐに探せるように準備しておくと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ