排水管の水漏れとゴムパッキンの劣化

頻繁に使用する台所のシンクからの水漏れが発生すると非常に不便です。排水管 水漏れの原因は様々ですが、その1つにゴムパッキンの劣化があります。一口にゴムパッキンといっても実は様々な種類があります。いざというとき、自分でも交換できるようにしておくと、被害を抑えることもでき、経済的です。

■ゴムパッキンの種類

蛇口付近のゴムパッキンで一番交換される事が多いのがコマパッキン、別名ケレップとも呼ばれる円状のタイプです。蛇口のハンドルを閉める際にこれが下がり水を止める仕組みになっていて、ハンドル下側についています。もう1つが三角パッキンと呼ばれるもので、蛇口のナットの下部分に使用されています。他にもUパッキンやOリング、平パッキンなど様々な種類があり、主に接続部に使用されています。ホームセンターでも売られており、購入する際は直径や型番を控えておくと確実です。


■ゴムパッキンの交換について

シンクのゴムパッキンの交換は特別な道具がなくとも、自分で交換することが可能です。ナットを緩めてハンドルを外し、中の古いものと新しい物を交換するだけなので、簡単に交換ができます。もちろん業者にお願いすることもできます。





■まとめ
排水管 水漏れについて自分でも日頃の清掃や、シンクや排水管の仕組みを理解しておくことで慌てずに対処することができます。業者に定期的に見てもらうことで、大きな修理になることを未然に防ぎ、長く使用できるようにメンテナンスすることが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ