排水管の水漏れに対する応急処置のポイント

家庭の排水管で水漏れが発生した場合、修理業者にすぐに連絡することが重要です。しかし、休みの日や夜間で、業者に連絡が取れない場合、自分で応急処置をすることで、被害を軽度に抑えることが可能になります。

■水漏れの箇所の特定

配管には2種類存在し、新しく綺麗な水を家に運ぶ配管を水道管、または給水管と呼びます。こちらは水を引き込むため、常に高い圧力がかかっています。もう1つが家庭で使用した汚水を外に流す排水管です。こちらは傾斜によって水を流すため圧力はかかっていません。このどちらの配管から水漏れが発生しているかにより、応急処置の方法も変わってきます。



■配管によっての応急処置の方法

まず、給水管から水漏れしている場合は、常にパイプの中に水が存在しているため、止水栓を締める必要があります。ホームセンターなどで売られている配管補修用のテープが何種類かあるので、それをきつく巻きつけます。念のためバケツなどで水受けを設置しておくと安心です。次に排水管から水漏れしている場合は止水栓を止める必要はなく、管の中の水がなくなるのを待ちます。水がなくなれば、水漏れは止まるので、その後は使用しないよう気を付けます。



■まとめ
自分での応急処置を覚えておけば、被害を最小限に食い止められるだけでなく、業者への連絡の際スムーズに現状を伝える事ができ、経済的にも時間の面でもスムーズに解決することができます。いざというときのために、応急処置用の道具をすぐ出せる場所に置いておくことも重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ